マクロビオティックブームで再び玄米!

主食を玄米とする
マクロビオティックで推奨されている食事法の一つです。

食材をすべて丸ごと使い切るというのがマクロビオティックの基本理念の一つ。
ご飯も精米されたお米ではなく玄米のままが一番、ということになるのでしょう。

玄米は白米と比べるととてビタミンや食物繊維が豊富で、
炭水化物やカロリーが少ないためダイエットに向いた食品です。

玄米は農薬が糠の部分に残っていて白米より危険だという人もいますが、
残留農薬の検査は玄米のままで行われています。
普通の玄米でも問題となることはありません。
ただ、低農薬や有機農法の玄米のほうが安心でおいしく食べられることが多いので、
マクロビオティックではそうしたものを用いるとよいと言われています。

お米屋さんやネット上の通販では、こだわりの玄米がたくさん販売されています。
いろいろと試してみてご自身がおいしいと思える玄米を探すと良いでしょう。

ところで玄米は炊くのが難しいといわれています。
玄米は一般的に圧力鍋で炊くのが良いのですが、
圧力鍋で炊飯するのは、きちんと炊けているのかな、
と慣れていないと不安なもの。
現在の炊飯器には健康志向への配慮からか、
玄米炊き用のコースが用意されていることが多くなってきました。
白米より浸水時間を長めにし、玄米炊き機能を使えば
炊飯器でもおいしく玄米を食べることができます。
普通の炊飯器で炊く場合は一晩くらい浸水させるとふっくらと炊き上がるようです。

普段の主食を変えるというのは正直けっこうな抵抗があるかもしれません。
ですが玄米もおいしい食べ物です。
マクロビオテックにこだわらなくても取り入れてみると良いと思いますよ。

マクロビオティックライフアドバイザー

マクロビオティックライフアドバイザーってご存知です?
マクロビオティックをベースにしたライフスタイルのアドバイザー、
という意味なんだそうです。

マクロビオティックは最近よく聞く言葉だけど実際にはどんなものなのか、
ちょっと解りにくいですよね。

玄米などの穀物を中心に、動物性食品・油・砂糖を控え、
旬の野菜を多く取り入れた食事、といわれるとちょっとは解りやすい気もしますが、
バランスの取れた食事をするためには実際どういったことに気をつければよいのか
最初はなかなかわかりません。

そんな人たちの助けとなるのがマクロビオティックライフアドバイザーです。

「食物を通して身体と心の調子を整えていく方法/ライフスタイル。その方法を知ること。知って選ぶこと。」

なんだか、難しそうな気もしますが・・・・。
すばらしい考え方であることは間違いありません。

マクロビオティックはすなわち食生活の改善です。
飽食の時代と呼ばれる現在にあって、食品は季節に関係なく手軽に手に入るようになりました。
好きなものを好きなものだけ食べていたいと思いますが、
身体のことを考えるとそうもいきません。

マクロビオティックは余分な栄養素を取らないこと。
これにより体内を綺麗な状態にし、
健康で美しい体を手に入れるための方法です。
どんな食材を選べばいいか、どのような調理法が良いか。
今まで慣れ親しんできた食生活を改めて見直し、
マクロビオティックのきちんとした食生活を実現しようと思ったとき、
アドバイスしてくれる方がいるというのはとても心強いことですね。

マクロビオティックをはじめてみませんか?

健康と長寿のための理論や技術のこと。
これをマクロビオティックといいます。

広い意味では、健康的な生活をするための方法とされ、
そのすべてにかかわることをマクロビオティックとしていますが、
食事法のみがクローズアップされているのがどうやら現状です。

マクロビオティックの食事法では、自然界の生物はそれ自体が完全なものだという観点があり、
バランスの取れた、偏りの無い食生活のためには、
食べ物を丸ごとすべてとるのが良いとされています。
また、地域で取れた食材を、地域で旬のうちに消費するのも良いとされていいて、卵や肉、乳製品といった動物性食品や油の使用は制限されています。

昔の日本の食事とだいぶん通じますね。
そもそも日本人は農耕民族。
自分たちで畑を耕しそこで収穫されたものを食べて生活してきました。
しかし、時はうつり、時代は変わり、現在では食生活も欧米化。
肉を多くとるようになり、元々肉の消化に適していない日本人の身体は、
その生活に耐えられないことが表面化し、
生活習慣病と呼ばれる病気に罹患してしまうことが多くなっています。

そんな現在だからこそ。
生活習慣を見直し、昔ながらの日本の食生活に近い生活をはじめてみるべきかもしれません。

ただ時代は変わっています。
完全に昔の生活に戻ることなんてことはできません。
そこで有効になってくるのがマクロビオティックの活用です。
東洋医学の考えに基づいて考案されたマクロビオティックは、
現代にあわせて様々な助言があります。

現代の我々の嗜好や生活習慣に合わせた考え方やレシピは
どれも生活習慣を見直すのにふさわしいものばかり。
最初はとっつきにくいかもしれません。
まずはその考え方に触れ、自分のできる範囲ではじめてみるのが良いと思います。

マクロビオティックをもとに玄米ダイエット

玄米食
これはマクロビオティックで推奨されている食事法の一つ。
これって実はダイエットに非常に向いているんです。

玄米は、ビタミンが豊富で、食物繊維が多い食品。
玄米と白米を比較すると食物繊維は6倍も違ってきます。
食物繊維は皆さんもご存知のとおり便秘にとても有効です。
体内で消化/吸収できない食物繊維はそのまま体外へ排出されます。
その際、身体に不要なものも一緒に排出するので
食物繊維は便秘の予防となるのです。
便秘・・・。
ダイエットにとって便秘は宿敵ともいえます。

玄米は白米に比べてカロリーも控えめ。
ますますダイエット向きの食品であるといえます。

玄米食を勧めているマクロビオティッ。
他に動物性食品や砂糖、油といった食品の制限もし、
旬の野菜を中心とした食生活を勧めています。
野菜中心ですからカロリーも控えめ。
ますますダイエットむきですね。

玄米の炊き方は難しいと思いがちじゃないえdすか?
現在の炊飯器は玄米炊き向けのコースもあります。
圧力鍋や土鍋で炊く方法にしたって、
慣れてしまえば炊飯器より短い時間でおいしく炊き上げられるんですよ。

ダイエットに非常に適したマクロビオティックですが、
徹底すると実生活を送る上では難しいこともいくつかあります。
慣れない内からあまり徹底しすぎるのも、ストレスも溜まるでしょうから、
これはこれでダイエットの敵ですよね。

まずは、玄米食から初める。
そして徐々にマクロビオティックに適った食生活にしていく。
そうすることで体内から綺麗になり、
「健全なダイエット」をすることができるようになると思いますよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。